« 【FF14】ゲヴァパターンの真実(革細工師) | トップページ | FINAL FANTASY XIV: Heavensward, Vol. 1 »

2015.09.12

【FF14】アイメリクの決意

Ff1415091006

イシュガルド建国の真実に揺れるアイメリク、明らかになるその出自。

Ff1415091001

イシュガルド:下層(X:7 Y:8)のオルシュファンからオファー

暴動はおさまった。イゼルを連れて来た事に驚くオルシュファン。エスティニアンの発案で、今後の事を話し合うためにフォルタン邸で集合する事となる。

Ff1415091004

フォルタン邸に入るとイベント

オルシュファンの無事を喜ぶエドモン・ド・フォルタン伯爵。蒼の竜騎士殿と、我が盟友のお陰だというオルシュファン。

Ff1415091003

ここでオルシュファンは伯爵を「父上」と呼ぶ。アルトアレールのおかげで彼が伯爵の庶子である事は判明していたが、今までオルシュファンは人前では臣下の立場を崩さなかったのに。そして伯爵のオルシュファンへの愛が深い事も伝わって来る。

それだけに・・・・・思えば、悲劇の兆しはすでに・・・・・・

Ff1415091007

さりげなくアルフィノを見守るように立つエスティニアン。大人の男として、様々な影響を与える彼とアルフィノの心情が見えるような。

Ff1415091008

自分は人の上に立つのが当たり前、周囲の人間を手足のように使うのが当たり前と思っていたアルフィノ。彼なりに人道的だのエオルゼアのためだのと理想はあったとしても、そこはお坊ちゃんだった彼。エスティニアンとの旅で、アルフィノはひとりの子供でしかない自分を知る。そして、本当に大切なのは何であるのかも。

ここにも、また・・・・

Ff1415091009

邪竜を倒したとはいえ、新たな問題も増えた。建国の真実は、四大名家や貴族の根拠をもゆるがす。イゼルが知った以上、皇都の内外でその事が広まるのは必須。竜という外敵が消えた途端、支配する者とされる者、人間同士の争いが始まる。

Ff1415091005

歴代教皇は、建国の真実を隠していたのではないかと考えるアイメリク。神殿騎士団の総長として務める中で、彼なりに薄々感じた何かがあったのかも知れない。教皇に直談判すると言い出す。

伯爵もオルシュファンも、あまりにも無謀だと引き止める。アイメリク自身が異端者だと断罪されかねない。戦神ハルオーネへの信仰が篤い彼らにしても、教皇庁と教皇を盲信しているわけではない。テンパードではないのだ。

Ff1415091010

皆の引き止めにもかかわらず、出て行ってしまうアイメリク。

Ff1415091012

生粋のイシュガルド人でない自分を重く用いてくれたアイメリクへの忠誠を誓うルキアは、アイメリクが戻らねば自分を信頼してくれる部下と共に教皇庁に突入すると言い出す。

Ff1415091011

それは教皇庁どころか、皇都全体を敵に回すかも知れない行為、無謀すぎる。

Ff1415090231

ルキアはアイメリクの出自を明かす。彼は教皇が妾に生ませた子供。

聖職者に妻帯は許されない。それゆえにアイメリクは忌むべき子として、苦難の人生を歩んで来た。彼が優れた人物であっても、功績は親の七光りとして、嫉妬深い人間達に蔑まれる日々。だが、いくら教皇でも実の息子のアイメリクを即座に処刑する事はないだろうとルキアはいう。助け出す時間はあると。

Ff1415091015

エスティニアンも同行するという。どんな生まれでも自分にとっては友、「教皇庁に楯つくのは、俺の方が先達」だと。彼らしいアイメリクへの友情と信頼からの言葉。

Ff1415091014

オルシュファンも力を貸すと言い出す。戸惑う伯爵。

Ff1415091016

「父上、イイ騎士とは民と友のために戦うもの。アイメリク卿はイシュガルドの民にとって必要な人材であり、我らの盟友であります。 その命を救うために、我らの一角獣の楯を掲げずして、栄えあるフォルタンの家名を誇れましょうか?」

”私”もオルシュファンに同意。

同じく、正式には認められない子として育ったオルシュファン。それでも誇り高き騎士として、自分の務めを果たそうとする。伯爵もオルシュファンの決意を重く受け止め、腹をくくる。

始まりはどうであれ、千年が培った彼らの「ノブレスオブリージュ(高貴なる者の義務)」の心。

Ff1415091017

フォルタン家でルキアと話すとクリア

アイメリクは教皇の隠し子。同じ庶子のオルシュファンが伯爵を父上と呼んだその時に事態は急変する。竜との争いが終われば人間同士が殺しあう。

実の子だから殺さないという、ルキアの目測は甘いな。権力の亡者には己こそがすべて。ローマを見よ、過去の世界中のお家騒動を見よ。

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

« 【FF14】ゲヴァパターンの真実(革細工師) | トップページ | FINAL FANTASY XIV: Heavensward, Vol. 1 »

FF14 メインクエスト・蒼天のイシュガルド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549996/62267741

この記事へのトラックバック一覧です: 【FF14】アイメリクの決意:

« 【FF14】ゲヴァパターンの真実(革細工師) | トップページ | FINAL FANTASY XIV: Heavensward, Vol. 1 »

フォト

ランキング

  • にほんブログ村 ゲームブログ FF11(FFXI)へ
    にほんブログ村 ゲームブログへ
    にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

recollectionsXVI

  • Ff1415071846
    エオルゼアの旅の記憶

@juanalike

FFXIV

game

無料ブログはココログ