« 週刊トロ・ステーション 第38回 第2章「イトカワへの旅路」 | トップページ | 週刊トロ・ステーション 第38回 最終章「はやぶさの帰還」 »

2010.07.29

週刊トロ・ステーション 第38回 第3章「遙かなる故郷へ」

2010__7_28_23_41_28

第3章 遙かなる故郷へ

2010__7_28_23_41_40

はやぶさは2度イトカワに着陸しました。2度目の着地以降、燃料漏れが発生、それが帰還に影響してしまうわけで・・・・・

2010__7_28_23_41_47

ハードのみならず、ソフト面も不調に。

2010__7_28_23_42_45

トラブル続きで十分な推進力を得られないはやぶさ。何とイオンエンジン用のキセノンガスを直接噴射してバーニアに!!

2010__7_28_23_42_57

燃料を捨てる覚悟と臨機応変の発想・・・クロ好みの胸熱の展開だみャ~

2010__7_28_23_43_09

偶然に噴射出来る位置にキセノンガスの噴射口があったという事ですが・・・

宇宙船に関わるエンジニアさん達が、きっと心に深く刻んでいる言葉が、無意識にどこかで働いたに違いありません。

.

.

.

「こんなこともあろうかと」

.

.

.

2010__7_28_23_43_28

「日本の技術力は世界一ィィィ!!」

資源も何もない国が生き残るには、技術か金融しかないのですよねぇ。それも解らぬ何処かの人達・・・・日本人の誇りを捨てるな、コラ( ゚д゚)

2010__7_28_23_43_54

通信の途絶で2ヶ月も行方不明に!!!

2010__7_28_23_45_08

その時のはやぶさの状況・・・・もはやボロボロ(´・ω・`)

2010__7_28_23_47_37

4基のイオンエンジンは3基が沈黙、残る1基は瀕死・・・・2007年10月から2009年2月まで冬眠モードで弾道飛行となったはやぶさ。

2010__7_28_23_48_03

いよいよ地球へ。沈黙していたイオンエンジンAの中和器とBのイオン源との複合モードによる推進という画期的な方法で推進力を得たはやぶさ!!

2010__7_28_23_48_59

はたして地球へたどり着けるのか?!!!

にほんブログ村 ゲームブログへ

« 週刊トロ・ステーション 第38回 第2章「イトカワへの旅路」 | トップページ | 週刊トロ・ステーション 第38回 最終章「はやぶさの帰還」 »

ゲーム」カテゴリの記事

週刊トロ・ステーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549996/49007554

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊トロ・ステーション 第38回 第3章「遙かなる故郷へ」:

« 週刊トロ・ステーション 第38回 第2章「イトカワへの旅路」 | トップページ | 週刊トロ・ステーション 第38回 最終章「はやぶさの帰還」 »

フォト

ランキング

  • にほんブログ村 ゲームブログ FF11(FFXI)へ
    にほんブログ村 ゲームブログへ
    にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

recollectionsXVI

  • Ff1415071846
    エオルゼアの旅の記憶

@juanalike

FFXIV

game

無料ブログはココログ